KOMORIのImpremia NS40、2019年春にフィールドテストを予定

2018年08月01日

株式会社小森コーポレーション(東京都墨田区、代表取締役社長  持田  訓、以下KOMORI)は、2019年春に40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステムImpremia NS40のフィールドテストを予定していることを発表いたします。

KOMORIのImpremia NS40は、デジタル印刷機としての利便性と広い色域に加えて、B1サイズでありながら6,500回転という印刷速度の優位性により、商業印刷分野のみならず、優れた生産性を実現する印刷システムです。

先のdrupa2016にて技術展示として発表したImpremia NS40について、現状の開発進捗と今後の市場投入に向けたロードマップを報告いたします。

drupa 2016から2年が経過した現在、KOMORIはLanda社とのライセンス契約に基づき、Nanography®技術をコアとして採用しつつ、お客様の立場に立って、信頼性の高い、安定した使いやすいシステムにすべく、KOMORI独自の制御技術を盛り込んだ開発を進めています。

これらのシステム開発を進め、2019年春には初のベータ機によるフィールドテストを日本国内で予定しており、続いて海外においても同様な計画を進めてまいります。また、正式販売の開始は2019年度末からを計画しております。

今後のImpremia NS40にご期待ください。

【基本仕様】

型式   Impremia NS40
標準色数   4色(C/M/Y/K)  広色域*
最高印刷速度 sph 6,500
最大紙寸法 mm 750×1,050
紙厚寸法 mm 0.06~0.8
出力解像度 dpi 1,200×1,200
  • 仕様により性能・数値が変動することがあります。また改良のため、使用数値など変更する場合もあります。

*特色3色(O/G/B)、コーターなどは順次ラインアップ予定です。

お問い合せ先

株式会社小森コーポレーション

PESP 事業推進部 部長  藤巻 陽介

Tel:03-5608-7806

Fax:03-3624-9519