東京カメラ部×Impremia NS40 コラボレーション企画 1億画素写真を高精細で印刷 "4億画素"の作品を展示

2022年08月19日

株式会社小森コーポレーション(東京都墨田区、代表取締役社長 持田 訓)(以下、KOMORI)は、東京カメラ部とのコラボレーション企画として、写真家2名の作品を40" Sheetfed Nanographic Printing® System Impremia NS40(インプレミアNS40)で印刷し、本年9月に開催される東京カメラ部2022写真展に出展することをご報告いたします。

本企画では、東京カメラ部の写真家Misaki Nagao氏とYoshikazu Sobukawa氏により、1億画素のデジタルカメラで撮影された色彩豊かな風景を、当社の最新デジタル機 インプレミアNS40で印刷した大型作品を展示します。
インプレミアNS40は、1億画素の写真を300PPIの高解像度を維持したまま、B1サイズの用紙に印刷することが可能です。今回はB1サイズへの出力に加え、これを4枚組み合わせたB四倍判のダイナミックな作品を初披露します。普段の生活では目にすることのない、大迫力かつ緻密に再現された美しさを、ぜひ間近でご体感ください。


■展示会概要

『東京カメラ部2022写真展』

日時:9月16日(金)~9月19日(月)11:00~20:00(初日は19:30閉場予定)

会場:渋谷ヒカリエ9F 「ヒカリエホール ホールA」

URLhttps://tokyocameraclub.com/special/exhibition_2022/


■写真家プロフィール

Misaki Nagao.jpg

Misaki Nagao

1995年、石川県生まれ。

たまに行く旅行が好きで、少しでも良い写真を撮って残したいと一眼レフを買ったのがきっかけで風景写真の撮影を開始。次第に朝焼けや稀な景色を追い求めるようになり、全日本写真連盟第35回「日本の自然」写真コンテストでソニーネクストフォトグラファー賞や、東京カメラ部102018などに選出される。

主に森林や水辺、山での景色を好んで撮影しており、自分の好きな世界を探求し、日々活動している。

https://nagaoshi.com


_DSF0992-Edit-2-Edit_mn1.jpg 
_DSF1799-Edit-2-Edit_mn2.jpg


Yoshikazu Sobukawa.jpgYoshikazu Sobukawa

1958年生まれ。横浜市在住。

2002年 映像・イベント制作会社株式会社ゼンワンを設立。

同時に、独学で写真活動を始め、富士山をテーマに撮影、現在に至る。

<活動実績>・個展開催

2020年8月「富士山〜物語との出会い〜」(富士フォトギャラリー 銀座)

2022年4月「富士山~天地異形~」(富士フイルムフォトサロン 東京)

2022年6月 同上巡回展 (富士フイルムフォトサロン 大阪)

http://www.mfujisobu.com





_DSC5042.jpg _DSF3557.jpeg



■東京カメラ部について

東京カメラ部は、ファン総数550万人超、年間閲覧者数11億人の日本最大級のSNS写真コミュニティです。投稿数は年間約930万作品にのぼり、「世界中のクリエイターに自由な発表の場を提供」しています。投稿数の多さだけでなく投稿作品のレベルが高いことが特徴です。


■インプレミア NS40について

今後も成⻑が⾒込まれる多品種⼩中ロット、即納が求められるパッケージやディスプレイ、POPなどのジョブにおいて、その圧倒的な⽣産性・収益性でお客様の事業拡⼤に貢献できる、最新デジタル印刷機です。これまで培ってきたKOMORIの技術をベースに、画像転写ブランケットを⽤いるという、オフセット印刷機とインクジェット印刷機を融合させたユニークな構成により、B1サイズ×6,500sphの印刷速度を実現しました。まさに「デジタル・オフセット印刷」ともいえる、KOMORIだからこそ実現できた、最⾼峰のデジタル印刷機です。

https://www.komori.com/ja/jp/product/press/digital/impremia_ns40.html