Apressia DC105

菊全判寸延自動平盤打抜機

Apressia DC105

コンセプト

パッケージの生産効率向上に最適なマシン
コストパフォーマンスに優れたApressia DC105

KOMORI は、次世代を見据えた加工工程の革新を目指しており、新開発の後加工機など最適な設備や仕組みを提供しています。そして今、後加工機の商品群アプリシアシリーズに、菊全判寸延自動打抜機Apressia DC105 が加わりました。

Apressia DC105 は、パッケージソリューションにフォーカスした初のプラテンタイプの打抜機です。パッケージに求められる必要条件を満たす仕様と性能、操作性を追求した数々の微調整機能、ノンストップの紙継ぎ機構などを標準装備。生産効率とコストパフォーマンスに優れ、後加工に新たな付加価値をもたらすマシンに仕上げました。パッケージユーザーのみならず、新たにパッケージに取り組まれるユーザーにも最適なベーシックマシンです。
KOMORI は、印刷を基準とした全体最適化を推進するため、カラーマネージメントシステムをはじめ、後加工工程においても新たなイノベーションを創造します。

続きを読む

特長

  • 新たな付加価値を創造するベーシックマシン、KOMORIの打抜機。
  • ストリッピングステーション付で、給排紙・打ち抜き・カス取りの標準構成を採用。
  • 半自動パイル紙継ぎ機構を標準装備。
    ノンストップのフィーダー・デリバリーで、大ロットや用紙交換に効果を発揮。
  • フィーダーパイルの電動左右調整で、重い紙積みのセンサー合わせに対応、準備時間を短縮。
  • 本機取付け型のコンパクトな左右開き定規標準で、大ロットや用紙交換に威力を発揮。
  • 4つの前当ては個別の微調整が可能。見当部に前当てと横針の微調整機能を集約し、操作性を向上。
  • 高剛性のプラテン鋳物リブ構造。新設計の新たなリブ構造の鋳物を採用、抜きの面内ムラを減少。
  • 面板位置微調整機能。微調整ネジの標準装備で再版の調整作業を短縮。
  • 打抜機のCE規格に準拠し、CE認証取得済み。
機種名 Apressia DC105
最大紙寸法 mm 1,050 × 750
最大抜き寸法 mm 1,040 × 720
用紙斤量 g/m2 90~600(段ボールはB段まで)
質量 kg 3,800
型寸法 mm 1,090 × 740

※仕様により性能・数値が変動することがあります。また改良の為、仕様数値など変更する場合もあります。

打抜機のその他製品はこちら