Apressia MB110E

ハイパフォーマンス ブランキング システム

コンセプト

むしり工程を自動化・省力化するApressia MB Series
パッケージ製品に求められる安定した品質とクリーン化を実現

KOMORIのポストプレスブランドであるアプリシアシリーズに、ブランキングシステムアプリシアMB110Eを追加しました。
打ち抜き後のシートを「製品部」と「非製品部」に分ける機械であるアプリシアMBシリーズは、生産工程全体の自動化、高品質、高生産性、低コストを推進します。

アプリシアMB110Eは、手作業で行われることの多いむしり(ブランキング)工程を機械化し、1ジョブで最大約200シートを一度にブランキングします。これにより、繰り返し作業ながら熟練度を必要とするむしりの工程を省力化し、生産の安定をもたらすことで生産計画を立てやすくします。さらに、繁忙期に合わせた作業者雇用の問題に悩まされることも無くなります。また、食品、化粧品や薬品などの紙器パッケージの生産工程において、アプリシアMB110Eを使用すれば、製品に直接人の手が触れることが無いため、パッケージの衛生面も向上します。
CADやデザイン時の線画データを使用して打ち抜き工程に入る前から「むしりテンプレート」を作成できるアプリシアMB110Eは、ジョブ替えの時間を最小限に短縮でき、小ロットから大ロットの幅広いジョブにおいて、生産性を最大限に引き出します。
KOMORIは、印刷を基軸とした全体最適化を推進し、後加工工程における新たなイノベーションを創造し続けます。

続きを読む

特長

型式 Apressia MB110E
処理能力 mm 最大 80
対応用紙サイズ mm 最大 1,100×800, 最小 800×550 (オプション 550×400)
打抜きピン mm Φ10(上下共通 3,961本)
動荷重(プレス本体) kg 6,000

Apressia MB Seriesのその他製品はこちら